どのように燃えるか

燃料とは、さまざまな場面で必要となります。暖房であったり廃棄物処理であったり、また機械類の稼働であったりなど、意外と見回してみれば私たちの身近に燃料は存在するものです。この燃料を実際に燃やしたとき、どのようなパワーで燃えるのか、また燃える際に排出したり残留したりする物質にはどのようなものがあるかを測定するのが燃料分析です。

燃料分析は、石炭や石油、またリサイクル燃料などあらゆるものに対して行われ、それぞれの成分分析を燃料の性質に沿って行うものです。燃料には、それぞれ燃やして灰になる成分や燃焼することで気体になる成分、また燃やした際に残る他の成分といったものが多数混在しています。それらを微細に分析し、どれだけの燃焼エネルギーが存在するか、また環境に影響のある物質が規定量以上含まれていないかを測るのです。

こういった燃料分析が行われていないと、実際に燃料を使用する際にどれだけ投入していいものかの基準がわからなくなりますし、環境や人体に何らかの影響を与えてしまうことにもなりかねません。どのような場面でも燃料を適性に、安全に使うために必要な過程が燃料分析なのです。

原料を燃やすことで、何らかの有害物質は大なり小なり気体となって舞っていきます。また、燃え残った物質が有害である場合には、またその処理の方法を考えなくてはならなくなります。このような問題が随所で起きないようにするために、全国共通の工業規格であるJIS規格にのっとって、適性な数値のものだけを使用するように定められています。

OUT LINK

確かな技術力を持つ。燃料分析ならこちら。|燃料分析・放射能測定センター

カテゴリー
  • カテゴリーなし